@馬車道:横浜のレトロカフェといったらここ。作り立てのクリームが美味しい「馬車道十番館 喫茶室」

こんにちは。かてぃ(@K__hygge)です。

今日は横浜一レトロで趣のあるカフェ「馬車道十番館 喫茶室」をご紹介したいと思います。

馬車道は横浜開港時からの歴史ある建物が多くありますが、その街並みの中でも一際目立つ可愛らしい建物なので、横浜へお越しの際は是非いらっしゃってみてくださいね。

この記事を読むのにおすすめな方
  • レトロでクラシックなカフェに行きたいという方
  • 今時のカフェというより、歴史があって落ち着けるカフェに行ってみたいという方

「馬車道十番館 喫茶室」ってどんなところ?

レンガ×石造りの建物がとってもレトロ。

横浜開港時の文明の香りが残る建造物

馬車道十番館 喫茶室は横浜が開港した当時を再現し建てられた洋館です。

馬車道十番館自体は喫茶室(1F)のほかにレストラン(3F)、英国風酒場(2F)と色々な顔を持つ建物ですが、なにより印象的なのはそこかしこに展示されているアンティーク品。

入り口右手には懐かしの(?)公衆電話が…!まだ使えるのでしょうか…

文明開化ロマンに憧れる方であれば一度行って絶対に損はない建物なのです。

赤い革張りの椅子がなんともレトロ。

西暦1550年頃の西洋菓子も販売

1F喫茶室は西洋菓子の売り場も兼ねています。

生菓子であるショートケーキやモンブラン、たっぷりのお酒がしみたサバランも魅力的ではありますが、注目すべきは西暦1550年ごろ西洋菓子とともに日本にやってきた「ビスカウト」。

なんと現在でも自社工場で毎朝生産されているビスカウトを購入することができます。

甘さが控えめと言われているクリームが品よくサンドされたビスカウト。ティータイムを過ごした後は是非お土産に買っていきたいものですね。

混雑状況や席数は?

馬車道十番館 喫茶室はまさに老舗の喫茶店ということもあり、連日多くのお客様で賑わっているようです。

私が訪れたのは土曜日の15時ごろでしたが、20-30分は待っていた覚えがあります。

席全体は56席(食べログ参照)ですが、4人席の割合が多いのが理由かもしれません。

新型コロナ対策として各席にアクリル板が設置されていました。

お店のこだわり

伝統的なスタイルのウィンナーコーヒー

ブレンドコーヒーを注文するとサーブされます

馬車道十番館 喫茶室へ訪れたら皆が注文するという(※友人談)ブレンドコーヒー

ブレンドコーヒーを注文すると無料で作り立てのフレッシュクリームをサーブしてくれるのです。

ブラックで飲むのも勿論美味しいですが、馬車道十番館伝統の「ウィンナーコーヒー」を楽しむために是非フレッシュクリームを使ってみていただきたいです。

開放感のある室内はステンドグラスで爽やかに

冒頭でもお伝えした通り、馬車道十番館 喫茶室で最初に感じるのは一時代昔にタイムスリップしたかのようなレトロな空間。

その中でも一際印象的なのが高い天井脇を飾る鮮やかなステンドグラスです。

特に日中は日当たりが美しく、サーブされたコーヒーや紅茶にもステンドグラスが投影されることも。

キラキラ眩しい光と、クラシックな空間、そして何よりコーヒーの香りで溢れる喫茶室は一度訪れるとやみつきになること必至です。

私(かてぃ)のカフェ選択基準第一位「高い天井」。

非日常感を演出するには欠かせないポイントですが、馬車道十番館 喫茶室は天井が高いだけでなく、レトロなシャンデリア、長く使われて馴染んだ階段の手すり、上品な仕上がりの木材と見上げてもため息がつくほど完成されたインテリアでした…。

※高い天井のあるカフェがお好きな方は是非こちらもご訪問いただけたら幸いです..!

注文したもの

実際に注文したものをご紹介したいと思います。

ショートケーキ×カモミールティー

まずは馬車道十番館 一番の人気だという「ショートケーキ」。

このケーキを頂いて一つ昔の漫画の一描写を思い出しました。

ショートケーキの苺がすっぱいのは、スポンジケーキ+クリームの甘さを際立たせるため….

….!!! これだーーー!!!!

日頃はあまり選ばない種類であるショートケーキ。

勿論他のケーキが好きだからというのもあるのですが、ケーキ自体もクリームも、そして苺も甘いとなるとなんだか全体的にもったり(たっぷり?)とした印象がありました。

ですが、このショートケーキは「本体ががっつり甘い。

クリームも、そしてスポンジも(シロップはそこまでついていません)口に入れればしっかりとしたお砂糖の甘さが広がってきます。

それだけだと「甘すぎ!」と思ってしまうところだったと思いますが、苺の絶妙な酸味が口の中でショートケーキのバランスを整えてくれていました。

まさに昔を思い起こさせる伝統的なショートケーキをいただけたという気持ちでした。

ティーコゼーの巾着が可愛い♪

カモミールティーはしっかり煮出した濃いめの味。

大体2杯分くらいはいただけたと思います。

ショートケーキの甘さから考えたら、コーヒーとの相性の方が良いかも….?

ブレンドコーヒー×フレッシュクリーム

ステンドグラスが映り込んだオリジナルのブレンドコーヒー!

馬車道十番館 喫茶室伝統のコーヒーということでこちらもオーダー。

ほどよい酸味と、しつこくない苦味のバランスが印象的でした。

そして一緒にサーブされたフレッシュクリームを入れてウィンナーコーヒーに。

甘味がなくコクがあるフレッシュクリームと酸味があるコーヒーの合わせ技でとても美味しくいただくことができました。

おすすめは、ショートケーキと一緒に注文です。

歴史の息吹を感じながらコーヒータイムを過ごすなら「馬車道十番館 喫茶室」がおすすめ。

いかがでしたでしょうか。

レトロな建物が並ぶ馬車道。

そんなおしゃれで粋なエリアにお越しの際には是非「究極のレトロ」が楽しめる馬車道十番館 喫茶室を訪れていただけると嬉しいです。

店舗情報(公式HPを参照)

住所

馬車道十番館 喫茶室

〒231‒0014 神奈川県横浜市中区常盤町5‒67

営業時間

10:00〜22:00 (L.O. 21:30)

電話番号

TEL: 045‒651‒2621 / FAX: 045‒664‒3134

予約

不可

支払い方法

現金・クレジットカード・Paypay