【11/12(Fri)OPEN】KINTO REC STOREに行ってきた。(シンプル×アクティブ)

こんにちは、かてぃ(@K__hygge)です。

今回は私の大好きなテーブルウェアショップ、KINTOさんの新店舗がオープンしたので訪問させていただきました。

このお店のコンセプト、訪問した感想、他にはないとっておきのサービスをご紹介したいと思います。

本記事で掲載する店内の写真は店員さんの許可を得て撮影したものです。

この記事を読むのにおすすめな方
おしゃれなアウトドア製品を見たい方、知りたい方

スタイリッシュなベビー用テーブルウェアを探していらっしゃる方
 (出産祝いにも!)

シンプルで機能的なオリジナルタンブラーが気になる方

KINTOってどんなブランド?

まず少しだけKINTO(キントー)というブランドについて。

 

KINTOは滋賀県から誕生したテーブルウェアのブランドで、「こころ満たされる、豊かな日常を生み出すために。」というスローガンの元さまざまなアイテムを作り出しています。

 

現在ではテーブルウェア(プレート、カップなど)だけではなくキッチンウェアやインテリア(フラワーベースなど)数多くのジャンルを手がけている素敵ブランドなのです。

お気に入りすぎるKINTOのMYアロマウォーマー。(私物)

 

特に私が好きなのは、KINTOのコンセプトにある

たとえば季節のうつろいから、自然の美しさに気づくこと。 親しい人とあたたかな料理を味わい、くつろぎのなかで癒やされること。

KINTO公式HP より

という言葉が、私が大切にしている「ヒュッゲ」という考え方とすごく似ているところです。

 

毎日の生活で感じるささいな変化や自然の美しさを親しい人と分かち合うための手助けをしてくれる、そんな生活アイテムがたくさん揃っているブランドです。

 

インスタグラムでも有名なのはゴールドの無骨さとシンプルさがおしゃれなコーヒーウェア(ブリュワースタンドセット)とアロマウォーマーかなと思います。

新たにオープンした「KINTO REC STORE Tokyo 」とは?

2021年11月12日(金)に新コンセプトのお店がオープン

2021年11月12日(金)にKINTOは2店舗目となる実店舗「KINTO REC STORE Tokyo (キントーレクストアトーキョー)]を中目黒にオープンしました。

KINTO REC STORE Tokyoでは「のびやかに、アクティブに」をテーマにアウトドアでも利用できるテーブルウェアやキッズ・ベビー用品を取り揃えているリアルショップです。

 

実際に訪問してみた

コロナ対策も万全なエントランス

 

お店に入って最初に広がるのはアウトドアを目的としたテーブルウェアのラインナップ。

 

アウトドアグッズがメインのフロアは木目調×グリーンの爽やかなレイアウト

バンブーファイバーマットで作られたプレートやボウルは軽さはもちろん、シンプルで男女共に利用しやすいKINTOらしさが溢れていました。

こちらのボウルやプレート、食洗機利用可能なのがさらに嬉しい

お値段もリーズナブルでアウトドアに限らず普段使いをしたいなあと思って購入を検討しています。

カトラリーも同じバンブーファイバー製でしたが、普段使っているプラスチックのフォークやナイフよりも厚みのある設計で折れてしまう心配はなさそうでした。

ベビーグッズは出産祝いにもベストな印象

アウトドアスペースの隣にはカラフルなベビー用テーブルウェア「BONBOシリーズ」がずらり。

アウトドア製品と同じく軽くて割れにくい素材(バンブーファイバーではない)で作られているそうで、なんとこちらは電子レンジ・食洗機双方が利用可能

 

プレートやカップの外側はマットな仕上がりで、高級感とシンプルさを兼ね備えている素敵アイテムでした。

 

そんなプレートやカトラリーがセットになった「BONBO 4pc(4点セット)」と「BONBO 6pc(6点セット)」はおしゃれママさんにも喜ばれそうですよ。

  • ボウル 110x110mm、プレート 170x160mm、プレート 240x220mm、ストローカップ 200ml、スプーン、フォーク
  • プレート 240x220mm、ストローカップ 200ml、スプーン、フォーク

KINTO REC STORE Tokyo最大の特徴:タンブラーに刻印できるサービスが登場。

最後のスペースとしてご紹介したいのが、KINTOが販売しているタンブラーにオリジナルの刻印ができるサービスです。

お店の奥に設置されているスペースで、タブレットを使いながら刻印のデザインを決めていくことができるんです。

操作はシンプルなので、どなたでも利用することができそうです。

刻印には2つの種類があり

  • レーザー刻印(注文後、2~3日後にできあがり):タンブラー
  • ステッカーシール(注文後すぐに引き取り可):樹脂製ボトル

とそれぞれ決まった商品に利用することができます。

シールは簡単に剥がれにくい仕様になっているようなので安心して長く使えそうです。

刻印したい内容は同スペースに置いてあるSTYLE BOOKを参考にしながらフォントやイメージを決めていきます。

この画像では乗り切らないほどのバリエーションがありました。

シミュレーションしたデザインは画面上で確認することが可能です。

やっぱりHYGGEははずせない。

注文したタンブラーは現在は配送も可能なようで(公式HPからのオーダー)、都内近郊であれば550円(税込)の送料がかかるようです。

 

お店のタブレットと同じ操作がHP上でもできるようになっているので、気になる方は是非トライしてみてくださいね。

KINTOで一段階上のおしゃれ×シンプルライフを。

KINTO REC STORE Tokyoのご紹介はいかがでしたでしょうか。

オリジナル店舗KINTOストアもすぐ近くにありますので、KINTO REC STORE Tokyoが気になった方は一緒に訪問してみても楽しいかもしれません。

ひとつひとつのアイテムが丁寧に作られていて、手に取るとほっと気持ちが暖かくなるKINTO。

是非お時間がある時に立ち寄ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA